フィットちゃんランドセルを買ってみた感想は?

最近、夏休みの時期になると百貨店などではランドセルの特設コーナーを行っているのをよく見かけます。

ただ、そこで工房系の製品を気に入ってもすでに予約終了している可能性もあります。

実は、早い人は入学する1年前からラン活を始めていると言われています。

特に工房系の製品などは生産数が限られているため工房系の製品を狙っている方は早いうちから情報収集をしている方が多いようです。

工房系の製品は通販限定になっていることも多くできれば実物をチェックしておきたいですよね。

そのため4月下旬頃から展示会を開いているメーカーもあるので今からでも展示会情報を調べてみてはいかがでしょうか。

年々、購入時期の早まっている天使のはねやフィットちゃんといった人気メーカーのランドセルですが2019年入学のお子さんをお持ちの方はすでに購入されましたか?ここ数年人気のデザインや素材にこだわった工房系と呼ばれるランドセルは生産可能限度数などがあるため早めに注文されることも多いようです。

これから購入するという方向けに最新の流行を紹介します。

規格としてはA4フラットファイル対応サイズが主流となっています。

男子向けのキーワードとして「スポーティで元気」から「上品で知的」な印象のデザインに変化してきました。

女子向けではアクア(水色)やパープルの人気は落ち着き、以前から人気のブラウン系カラーが流行です。

定番の赤系もどちらかというとピンクに近い色味が売れているようです。

最近では何かを選ぶ際に口コミやレビューを基準にする方が増えています。

でも、レビューだけを参考に選んで自分には合わなかったなど後悔した経験もあると思います。

それはランドセル選びをする際も一緒です。

初めてラン活をする際はどれを選んで良いかわからず評判が良いものを探しがちになります。

ただ、実際に売り場に見に行くと生地が薄かったりと期待はずれなこともあります。

ラン活で重要なのは評判ではなく、製品がどう造られているかを知らなければいけません。

また、口コミを調べるにもメーカーは数十社、種類は数百種類もあり、情報が多すぎて何を選べば良いか決められないという話も聞きます。

一番簡単な選び方としては初めにメーカーを決めてしまうことです。

メーカーを決めたらそこから出ている商品で決めてしまうことです。

最近はリビングで勉強をする子供が増加しているそうです。

リビングでの勉強は家族が近くにいる安心感から集中力が高まり、親にわからないところを質問しながら勉強できるのでいいと言われています。

リビング学習をするのであえて勉強机を買わない家庭もあるようです。

そうすると困るのがランドセルやカバンをどこに置くかです。

ただ居間にランドセルを置くとインテリアと合うか不安ですよね。

そんな時はオシャレなランドセルラックで使ってみてはいかがでしょうか。

例えば、キッチンカウンターの下のデッドスペースにカラーボックスを置いてみたり、壁のフックに掛けておくという方法もありますがランドセル自体がそれなりに重さがあるのでフックの強度に気をつけてください。

皆さんがランドセルを購入する際にどこへ行きますか?近くのスーパーや百貨店の特別展示会へ行く人も多いと思います。

中には、店舗まで行くのも面倒だし通販で済まそうかなという人もいるのでは?通販で買うのが悪いとは言いませんができれば1度は百貨店などの売り場で現物を確認してください。

なぜかというと、通販では本体の重量はわかっても実際に背負ってみてフィット感や丈夫さなどがわかりにくく6年間の使用に耐えることができるか確認する必要があるからです。

他にも、金具部分のデザインなど細かいディテールも確認できます。

また、色の細かい違いも売り場の方がわかりやすいです。

暑くなって来て本格的に「ラン活」の時期になって来ましたね。

ラン活とは来年入学の子供が通学時に使うランドセルを探して購入することです。

ラン活に際して気になるのは値段の相場です。

1番人気の価格帯は4万円台になっているようです。

実際に7割近くの人が3万円台~5万円台を選んでいるというデータもあります。

市場には1万円台の商品もあるようですがその理由を見ると6年間使い続けるということを考えると安いものだと気持ちとしては不安に思ってしまいますよね。

実際に販売員をしていた方の言葉を参考にするとリメイクして使い続けるということも十分に可能になります。

この前、私用でランドセルについてネットで調べていたらアディダスもランドセルを作っている時代なんですね。

アクティブな男の子に良いのではないでしょうか。

販売されている製品の特徴を集めてみたところ学習院モデルではしっかりとした箱型でそのため通常の日本メーカーの製品と比べるとアディダスのブランドロゴが被せ部分などに配されており通常の製品との大きな違いとして挙げられる点はロゴが反射プリントされているので暗い道などで存在がわかりやすくなるので事故などにあう可能性が低くなります。

小学校への入学時は教科書や学校によっては制服など結局いくらかかるの?という印象を持つ人もいます。

価格に幅がありますがいいものは高くなりがちです。

販売員をやっていた知り合いのアドバイスによると予算としては3万円以上を見込んでおくと高品質が見込めるようです。

実際に売れているのも3~5万円台が多いという調査結果もあります。

できるだけ品質が良くて安く購入したいという場合はセイバンなどの国産ブランドのアウトレットを利用してみてはいかがでしょう。

店頭サンプルで使用されていたものや少し傷がついたB級品と呼ばれるものもあれば、機能的にほぼ変わらない型落ちのフィットちゃんランドセルやキャンセル品がかなり安く買えます。

参考:フィットちゃん買いました!評判どおり?【口コミ感想は?】

ラン活をするにあたって百貨店の売り場などに出かける機会が増えると思います。

その際に確認しておきたい内容がいくつかあるので売り場へ行く際はメモしておいてください。

例えば、入学予定の小学校は色やデザインの指定の有無やA4フラットサイズ対応のランドセルが必要なのかです。

次に実際に店頭に行ったときには丈夫さや軽いかをチェックしたいところです。

ここでいう軽さはランドセル本体の重量ではなく背負った時に軽いと感じるかを指します。

他にも万が一壊れてしまったときのために直してくれるかどうかという6年間の保証がついていると安心できますね。

ただ、最終的には本人の納得するデザインが一番ではないしょうか。

A4クリアファイルが入るサイズで良いのかもっと大きいサイズが必要なのかです。

その際の注意点がいくつかあるのでチェックしておきましょう。

ラン活の際にいくつか注意したい点があるので確認しておきましょう。

背負った時の体感重量が軽いかということを言います。

万が一壊れてしまったときに修理してくれるので安心できますね。

基本的に小学生の時しか持てないものと聞くとランドセルを思い浮かべる方が大半なのではないでしょうか。

10数年前だと男の子は黒、女の子は赤が多かったですが最近では色々な色やサイズが登場しています。

では、定番の色は人気ないの?と思う方もいると思いますが未だに人気はあります。

確かにここ数年、緑系やピンク系が25%と1番人気ですが赤系は19%と5人に1人の割合で選んでいます。

また、赤系の中でもピンク寄りなど色のトーンや光沢が変われば印象も変わります。

なので、選ぶのに困ったら定番色という選択肢も全然アリですよ。

お子さんが小学校を卒業した際に困るのが進学すると使わなくなるランドセルの処分です。

少し前までは捨ててしまう、人にあげるという方も多かったですが財布やパスケースにリメイクするサービスが最近人気になっています。

ランドセルは小学校在学中の長期間使うことを前提としているため撥水性や強度が高いので6年使ってもまだまだ使える状態であることが多いです。

そのため、愛着を持っているから捨てられず形を変えて使い続けることができるリメイクサービスの人気が上がっているようです。

そのため、進学した際に定期券を使う場合にパスケースが必要になるなど形を変えて使い続けることができるリメイクサービスの人気が上がっているようです。

夏休みになると祖父母と一緒にランドセル展示場に来ている光景が夏の風物詩のようになってきましたね。

ランドセルを選択するときのポイントについて確認しておきましょう。

まず、先輩ママ達が重要視していたのが色やデザインです。

「本人が気に入ったもの」を買うのも良いですが幼稚園年長の時に「かわいい」と思っていたのが小学校高学年になっても趣味が変わるのは大いに考えられます。

同様にそのとき人気のキャラものにしたら6年間のうちに興味がなくなってしまったというケースもあります。

そのため、6年生まで使えるデザインや色を重要視している方が多いようです。

同じようにそのとき人気のキャラものにしたら6年間のうちに人気がなくなってしまうという場合もあります。

「本人が気に入ったデザインやカラー」でも良いですが幼稚園年長の時に新たな夏の風物詩のようになってきましたね。

同じようにそのとき人気のキャラもののデザインにしたら夏休みが近くなると来年小学校に入学する子供のためのランドセル探し、通称「ラン活」が本格化する時期とも言われています。

おそらく最初はインターネットで値段をチェックする方も多いと思いますが意外と価格が高いということに驚くのではないでしょうか。

クラレの調査によると2016年度に入学した子供のランドセルの平均価格は45000円以上になっていたようです。

なぜ平均価格が高くなっているかというとA4フラットファイル対応がメインのサイズになり使う材料が増えていることや刺繍などデザインが複雑化していることなどがあるようです。

価格や種類で選ぶのに困ったら販売員さんに相談しながら決めましょう。