派遣社員でも住宅ローン審査に通るって本当?審査基準とおすすめ銀行について調査中

住宅ローンは家を購入するときにほとんどの人がお世話になるものです。

申し込み方法はいたって簡単で自宅近くの銀行などでも受付可能ですしネットバンキングでも良いでしょう。

また、不動産屋と提携している金融機関に任せる。

やり方もあります。

申し込みの後の審査に通り、支払をスタートした場合10年に渡って控除を受けられます。

その場合、会社で行われる年末調整では受付できないので支払いを開始した年の確定申告へ自分で行く必要があります。

自分の家を持つと言う事は憧れだと思います。

ですが、マイホームを購入する際には必ず住宅ローン審査をしなければいけません。

家の代金を現金ですべて支払えれば何も問題はありませんがそういうやり方は一般の人には難しいですよね。

ですから、一般的には銀行の住宅ローンを申し込む方が多いです。

参考:派遣社員が住宅ローン審査に通るには?おすすめ銀行!【審査基準厳しい?】

住宅ローン審査は、他のローン審査に比べて特別厳しい物だと言われています。

35年という長期間の支払いが出来ないといけないので、中には審査に通らない方も出てきます。

審査に落ちる理由として一番大きいのが収入面の問題です。

住宅ローンを通過するには、最低でも300万以上の年収が必要だと言われています。

ただそれだけあれば良いという訳でなく、勤続年数・会社の規模なども重要な審査基準です。

マイホームを購入する際は頭金が必要です。

頭金が0円でもOK!と言った様な広告もありますが、確かに頭金0円でも購入可能でしょう。

ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が大きくなります。

少しでも返済額を減らしたいのであれば、やはり最初に頭金を少しでも支払うと良いと思います。

頭金の目安として物件価格の20%と言われていますが、住宅を買うとなると他の費用もかかりますので目安を20%として、支払える範囲で検討する事をお勧めします。

住宅ローンを組むためにはまず、まずはローンをどこの金融機関にお願いするか決めないといけません。

銀行でも良いですし、労金・ネットバンクなど多くの金融機関で住宅ローンを組めます。

各金融機関ごとの住宅ローン審査の違いは特別大きな違いはありませんが、ネットバンクは店舗がない為、取引はすべてネットを介してになります。

店舗にいく手間がないので非常に人気です。

店舗がないので色々な面で経費削減ができ、金利が低く設定できるのも特徴です。

ネットバンクは月の支払いを少なくしたい方や忙しい方にピッタリの住宅ローンです。

ローンの支払いをしている方の中で借り換えを検討されている方も多いでしょう。

借り換えとは、他の銀行の住宅ローンを組み直す事です。

借り換えをする事で、月々の返済が楽になるメリットがあります。

ですが、借り換えをして必ずメリットがある。

という訳ではありません。

なぜなら、借り換えにもそれなりの金額がかかるからです。

無料で借り換えができる。

という所はまずないでしょう。

借り換えを検討する際はそういった諸費用も含めたいだいの返済額が計算できるシュミレーションを利用し借り換えをしてどの程度得になるか、事前に調べると良いでしょう。

住宅ローンを申し込む時気になるのが金利ですよね。

住宅ローンの金利というのは大きく分けて固定金利と変動金利があります。

あくまでも金利を選ぶのはローンを組む人自身で、銀行側からはオススメなど一切何も言われません。

多くの銀行では、固定金利は高く、変動金利は低く金利が設定されています。

また、金利のタイプによって審査が違ってくる。

といった事はなく、公平な審査の元で行われます。

どちらを選んでよいか迷ってしまう・・という時は、その銀行の金利の推移などをチェックすると良いでしょう。

将来、住宅ローンを考えているけど高額なために0.1%でも安い金利で抑えたいという方が大半だと思います。

ですので、低価格で安心安全の利用者も多い知っていると得するお勧めの銀行をご案内します。

それが今、主婦の間でも話題の『イオン銀行』です。

注目のポイントのその利息の安さにあると言えますし、更に、イオンでの買い物をするだけでお得な特典として5%も割引されるお得な特典が付いてきます。

他では手数料がかかる繰上げ返済も手数料なしで利用出来ます。

他にも銀行毎に特徴があるのでしっかり調べておきましょう。

自分で家を建てたいと思い始めたとき金融機関で申し込み可能な住宅購入時の貸付が頼れます。

申し込みの後は、初めに審査がありパスしないと先にはいけません。

ここで重要とされる基準はお給料の事や勤続年数、仕事内容などがあります。

あわせて、カードローンの使い道などもチェックされるケースが多いので仮にマイホームの購入を今後検討しているのであれば必要最低限の使用、もしくは使用されない方法を選ぶと良いと思います。

これから新しく住まいを購入される方も、現在ローン返済中の方も何がなんでもオーバーローンにならないようにして下さい。

このローンの目的は、あくまでも住居を購入するためのものなのでそれ以外の目的で利用した場合、法律違反になります。

それにより、用意すべき費用はいくらなのか?これを明確にした上で申請する必要があります。

もしも、法律違法な契約が見つかった時には間に入って商会した会社も最悪の場合営業出来なくなります。

メリットだけでなくデメリットにも視点をあてながら、今の現実にとらわれずに将来をしっかり見据えましょう。

現在、住宅ローンを返済中の方もこれからの方もこれから紹介する情報を聞くか聞かないかで10年後に全く変わるこれを見たらすぐに実行したくなる節税の方法をご案内します。

1年間で30万円ほどの節約になるかもしれないので、出来れば早めに確認しておくと安心ですね。

申込みが出来るのは新しい家を建てた人か、それから、住んでいる家を改装した方が対象になります。

更にローン期間が10年以上である事が必要条件になります。

個人情報を提示したりする場合もあるのできちんと確認してから、月々の負担を少しでも減らせるように今から準備しましょう。