NISA口座の非課税期間とは?どのくらいメリットがありますか?

NISAと積立NISAの違いについて簡単にいうと、積立NISAは現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAとは違い、投資可能な商品が限定されています。

積立NISAでは投資信託しか扱えないのですが、その中でも手数料が低く分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴を持っていて、販売手数料がゼロであること、長期分散投資に適している公募投資信託か上場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

投資上限についても年40万円までと決められていますからかなり違いがあると言えますね。

その代わり上限が少ない代わりに非課税投資枠が20年間まで最大800万円までとなっています。

通常のNISAと併用できませんのでお気を付けください。

NISAは非課税という最大のメリットがある一方でデメリットも存在します。

その一番の理由は損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で5年を迎えた場合、証券会社の場合、特定口座か一般口座へ引継ぎとなりますが、NISAの場合、引き継いだ際に手数料はかからないのですが、引き継いだ額分、新たに買ったということになります。

50万で購入した金融商品が引き継ぎ時に25万円になっていた場合、口座へ引き継ぐ際には25万円で買ったことになり、仮に30万円で売却したとすると5万円分が利益という扱いになってその5万円から税金が引かれるということになるんです。

ですから実際に引継ぎをする場合でも含み損がでていれば一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料を全てひっくるめて総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

NISAの解約方法について気になる方もいらっしゃると思いますが、手続き自体は可能ですからまずはご安心ください。

ただし条件があります。

それは残高があると解約ができないということです。

証券会社や銀行などによって、解約手続きは多少違うと思いますが、廃止手続きの手順に従って進めることになります。

もう少し具体的にお知らせすると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類と一緒に送付します。

必要な書類は、申し込みをした段階で送付されてきます。

いつでも解約できるというのは、原則60歳まで解約することができないiDeCoとの大きな違いです。

解約のハードルが低いので、その分始めやすいということにもなりますよね。

NISAを銀行では始めようと思っている方って、どれぐらいいるのでしょうか?いわゆるしがらみのようなものがないのであれば、取扱い金融商品が豊富で、基本的には手数料が安いネット証券がおすすめですよ。

もちろん、ゆうちょや銀行など身近にある金融機関では、NISAの始め方から丁寧に教えてくれますから、対面でやり取りできた方が安心できるという方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの最大のメリットである税金を引かれないというのは、結局のところ、支払うコストが低くなることに繋がりますから、折角ですので手数料が安くなる可能性も追求したいですよね。

できるだけリスクを低くすることも考えて銀行にするかどうか最終決定をしましょう。

NISAのリスクは大きく分けて2つあります。

1点目は、NISAという仕組み自体が抱えているリスクを紹介します。

NISAは利益に対して非課税というのが最大のメリットなのですが、損失が発生したときに損益通算ができません。

これは源泉徴収ありの特定口座でも同じですが、NISAの場合で特に注意が必要なのは5年間という非課税期間の期限があるところです。

期限を迎える前に一般口座に移動させることはできるのですが、含み損が発生していても考慮されません。

一度処分した後、再び買い戻したりする必要があるかもしれません。

あとは金融商品自体がもっている性質によるリスクというのは当然あります。

NISAの非課税期間は2023年までです。

期限につきましては当初から決まっていたことではありますが、これからはじめる方にとってはあとわずかな期間になってきましたね。

2023年まではすでに買っていて5年の期限が切れたものであっても、ロールオーバーで持越しをすることが可能でしたが、これからはじめる方はこの仕組みは利用できないと思っていいでしょう。

それではNISAの期限が切れる一体どうなるのでしょうか?その場合は売却してしまうか、課税対象の普通の口座へ移すかのどちらかになります。

NISAで運用していた非課税口座と一般の課税口座の間で移行させることで、最終的な収益を計算しておきましょう。

NISAで取引可能な商品はというと、ざっくりと分けて、株と投資信託、ワラント債というものがあります。

株といっても、ハイリスクな信用取引は含まれませんし、比較的リスクの少ない債券についても対象外になっています。

比較的人気の高い外貨MMFなども含まれていませんし、情勢不安の際に強いと言われている金やプラチナといった先物やオプションも対象外です。

FXなどのハイリスク型の商品ももちろん含まれません。

NISAが生まれたワケですが、日本では預金する人がとても多いため、預貯金する分を投資に回すことができれば、経済全体が活性化するのではと考えられて作られたのだそうです。非課税期間がその起爆剤となるはずです。

参考:NISAの非課税期間はいつまで?【期限過ぎると手続き必要?】

つみたてNISAが誕生した理由も、長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

NISAによる資産形成はたまにニュースになっていますよね。

雑誌などでも見たことがあるという人も多いかと思います。

ですが実際に手を付けるかどうかは難しい問題ですよね。

預金しても金利が低いからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減ってしまうのはもっと嫌ですよね。

投資家ではなく、一般人が生活の上で投資を始めるときに最初に考えなければいけないのは、リスクがどうかではなく、何のためにやるのかという目的をきちんと見定めるということです。

老後にまとまったお金が必要になるかもしれないと感じたなら、まずは数年先にどういう社会になっているかどうか想像してみるといいですね。

将来発展しそうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAの最大のメリットといえばやはり非課税ということですよね。

この非課税というメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールを確認しておくことが重要です。

毎年120万円の非課税枠が与えられますがこれは使い切りです。

枠という言葉で取り違えやすいのですが、例えば50万円の株を購入した後に売却しても50万円分の枠は返ってこないということです。

一応解説すると、120万円迄という枠になっていますので120万円を超える金融商品は購入できません。

また、枠自体を持越しすることは出来ませんので、年内に使いきれなかった分は消滅し、翌年に新たに120万の枠となります。

NISAに失敗してしまうのはどのような原因があるのか気になりますよね。

失敗の原因には、NISAの仕組みによって起こる可能性があるもの、金融商品自体がそのもののリスク、NISAの仕組みによるデメリット見誤り非合理的な行動をとってしまうことの3つです。

NISAの仕組みによる失敗とは何かというと、非課税期間終了時に含み損が出ていた場合に、そのまま通常の口座に移行させてしまうと、含み損を受けた後の金額が基準になってしまい余計に課税されることです。

金融商品自体がはらんでいるリスクというのは、NISAに限ったことではなく、値下がりしたら損するということです。

3番目のNISAの仕組みによって非合理的な行動をとってしまうというのは、NISAの120万円という枠におさまるように投資先を考えるタイプの思考法のことです。

NISAにはロールオーバーと呼ばれている仕組みが存在します。

NISAには最長でも5年という制限があるのですが、この5年が経過した後にその年の新たな非課税枠を使って、そのまま移すことをロールオーバーと呼ぶのです。

NISAの投資枠自体は毎年120万円迄と決まっていますが、購入した金融商品が120万円を超えている場合でもそのまま引き継ぐことができます。

ジュニアNISAにつきましても、ロールオーバーの扱いについては基本的には変わりはありません。

とはいえNISAは2023年までの仕組みですので、これから始める人には、ほとんど関係ないかもしれません。

今ならまだ間に合う、NISAの口座開設を考えているなら、まず最初に検討すべきことはどこを利用するかということでしょう。

NISA口座は一人につき一つしか持つことができませんので、対応する金融機関の中からどれが一番いいか厳選する必要があります。

一番有力な候補としては証券会社ですね。

中でもネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

単純に安いだけではなくキャンペーンなども合わせて比較するといいですね。

例えば売買にかかる手数料がかからないというものもありますし、キャッシュバックキャンペーンなどを行っている場合もあります。

投資金額によっては、キャンペーンを重視するというのも有用です。

NISAで1万円から始めたいという需要は少なくないようです。

生活のバランスを崩さないように貯金もしつつそのうちのいくらかを投資に回してみる。

という類のことを言う人もいますしそう考えるといいことのような感じがしてきますが、少額投資ならではのリスクというものもあるのです。

株を例にとってみると、株ってやろうと思った人には分かると思うのですが結構大きな額が必要です。

とするとある程度の資金があることが参加条件となってきますし、特定の1つの会社がどうなるかなんてそこまで信頼できることでもありませんから、バランス投資というのが言われていますが数億数千万円あるわけではないのでどうやっても限界はあります。

投資信託がメニューに入っている理由がここで分かるのですが低予算でもバランス投資ができます。

NISAの仕組み上5年後どうするかは大きな課題です。

というのもNISAでは最長5年間というルールが設定されているからなんです。

この期限を迎えた時にできることをまとめておきます。

上がっているか下がっているか関係なく一度売ってしまうというのがまず一つです。

翌年のNISAの新しい枠で運用を続けることができます。

他には通常の証券口座などで運用を続けることもできます。

この決められたNISAの投資枠をどうするかは、その人の考え方によって違うと思いますので一概には言えませんが、通常の証券口座に含み損が出ている株などを移すと、損益通算ができないことによるリスクがあることは知っておいてください。

NISA変更というと今契約しているNISAを別の証券会社や銀行に変更したいというケースがあると思います。

この場合NISAの口座は制度がスタートした当初から少しかわって、1年に1回限り、変更が認められるようになりました。

もう1点、普通のNISAからつみたてNISAに変更したいという場合があるかと思いますが、こちらの手続きも同じように、1年に1回変更することができます。

ここで心配になるのは変更前に買った株や投資信託が、変更する時に強制的に解約する必要があるかどうかです。

結論から申しまして、そこは大丈夫ですのでご安心ください。

前年度に購入したものはそのまま持ち続けられます。

但し、NISAの枠組み自体の制限は変わりませんのでご注意ください。