ETCカードって審査厳しい?保証制度があるの?

ETCカード付きクレジットカードには会員保障制度というシステムがあり拾得物を届けずに他人に悪用されて受けた場合の損害に対して、発行会社が負担してくれます。

落としたり置き忘れた場合は、すぐに警察に届け出を提出し発行元の緊急センターにも連絡します。

他人に使用された痕跡がある場合、届け出が受理された60日前までさかのぼって対応してくれますが警察に届け出をしていない場合は補償の適用はされません。

インターネットでは、番号と有効期限、名義を入力するだけでサインや指紋認証もありませんから簡単に悪用されてしまいますので要注意です。

ネット決済で不正利用された場合、どこで情報が盗まれたかわからないので自覚しにくいのですが日頃からカードの利用状況をメールで報告してくれるサービスを利用するのも有効です。

日本では数多くのクレジットカードが存在しており日常生活に浸透していますがそのほとんどが国際ブランドと提携しています。

富裕層が持つ事で知られるAMEXもありますが、VISA、MasterCard、JCBが一般的で国際的に使用することができる心強いアイテムです。

VISAは日本では堅実な企業と提携しており知名度が高く信頼性も抜群だと思います。

MasterCardはVISAと双璧をなす企業で特にヨーロッパ圏で強いカードと言われています。

JCBは国内最強の1枚なのですが海外の普及率は伸び悩んでいるようです。

クレジットカードはお金を出さずに清算できるだけでなく色々な特典が用意を利用することができます。

OMCやセゾンなど流通系のものは毎月「感謝デー」と称してポイント付与率が高くなるなどのサービスがあります。

ETCカード付きクレジットカードにしておくと、高速道路料金を利用することが多い人はその分にもポイントが貯まるのでお得です。

国際部ブランドのVISA、MasterCard、JCBなどは国内のホテルやレストランの料金面などで優待を受けることができます。

レクリエーション面で発行元が運営している特典は、国内外の各種ツアーや介護付きツアーを割引料金で利用することがあります。

一方で、美容や健康面でも充実しているカードもありマッサージやリラクゼーション施設の利用サービスを用意しているものもあります。

プラチナやブラック、ゴールドカードでなくても旅行保険が付帯しているものが多いので安心して行動できます。

病気の治療やケガでの通院や入院、死亡や後遺傷害などに対応していてステータスが高いほど手厚い補償を受けることができ心強いですね。

一般的に国内旅行よりも海外の方が限度額が高く設定されていますがこれは海外の方が医療費が高額なことが原因で、オーストラリアで骨折して治療に170万円かかったという例もあります。

携行品の破損や盗難、ショッピング保険などが付帯していることも多く規定日数以内に申告しないと適用外になることがあります。

保険適用には自動付帯と利用付帯と2通りがありますが自宅の机に保管しておいても適用されるのが自動付帯、旅行代金などの支払いに使わなければ適用外になるのは利用付帯です。

ETCカード審査ゆるい?通りやすいのは?【即日申し込み方法】

大学進学や新社会人になり生活環境が変わり車の免許を取って友達と遠出をしたいと思っている方もいると思います。

免許取り立ての方の多くがETCカードを持っていないと思います。

ネット上でも春くらいになるとどこで作れるの?といった質問も散見されます。

ここではETCカードの入手方法について解説します。

まずはじめにETCカードは購入するものではなく申し込みをして入手するものになります。

ネクスコ東日本などの高速道路事業社が発行しているETCパーソナルカードと一般的にETCと呼ばれてイメージするクレジットカード会社発行のカードの2種類があります。

一般的に普及しているクレジットカード会社の発行するカードの2種類があります。

対応していなければ新しくクレカを申し込みしてその際に一緒にETCを申し込みしましょう。

トラブルが発生するタイミングが悪い方っていますよね。

というのもこの前ETCカードを使おうと思ったら財布の中から見つからなかったんです。

その後自宅に帰ってから改めて探しても見つからずどうやらどこかで落としてしまったようです。

こんな時の対応にあまり慣れていないので焦ってしまいました。

ひとまずカード会社に利用停止の連絡をしようと思い、紛失盗難デスクという部署で手続きを行ってもらえました。

再発行手数料はかかってしまいますが連絡をしてから2週間しないうちに新しいカードが届きました。

このように急なトラブルに見舞われても焦らず行動をしましょう。

車で遠くに出かけるときに便利なETCカードですが、取扱会社が多くてどのカードを選べばいいか迷ってしまいます。

カード会社ごとにどんな違いがあるのでしょうか。

多くの人が気になるのが年会費や更新費用の有無でしょう。

年会費については大きく分けて3つに分類され、1年間の利用していなくても年会費無料のタイプ、年に1回以上の使用で年会費無料になるなどの条件付きタイプ利用額や頻度に関係なく年会費有料のタイプがあります。

更新費に関しても無料と有料のカードがあり、発行費が有料だったら更新費も有料、無料だったら更新費も無料になっていることが多いです。

就職や転勤などで生活環境の変化により車に乗らなくなった。

そんな時に年会費や更新料がかかるETCカードを持っている方はカードの解約を検討する方が多いと思います。

その際にクレカごと解約するパターンとETCカードのみ解約するパターンの2通りがあります。

手続きに関しては電話、郵送、webなどカード発行会社によって様々な方法が用意されています。

郵送の場合は1週間前後、電話のみで可能な場合は即日で処理完了というように手続きが完了するまで時間がかかりますので郵送したから即破棄するというのはやめましょう。

手続きが完全に終了したという通知がきたら、磁気テープ部分とICチップ部分を読まないように真二つに切断し、外から見えない袋に入れるなどした後に燃えるゴミとして処分してください。

大学に進学して車の免許を最近取ったという方もいると思います。

長期休暇の時に友達と遠出を考えているならぜひETCカードを使いましょう。

ここではETCカードの作り方を簡単に説明します。

カードの入手方法としては大きく分けて2種類があります。

各クレジット会社から発行しているクレカタイプと各高速道路会社が共同発行しているETCパーソナルカードという2種類です。

特別な理由がなければクレカタイプをお勧めします。

その理由としてはクレカタイプの場合はクレカの申し込みとにETCの申請ができ、すでにクレカを持っている方の場合は追加申し込みで簡単なのに対しパーソナルカードでは年会費と最低4万円の保証料が必要になります。

「大学生のうちにクレカを作っておこう」と言うアドバイスを聞くことがあります。

学生にクレカはまだ早いんじゃない?と感じる方もいると思いますがクレカの種類の中には学生専門クレカもあるくらいで審査の厳しくなる社会人になる前に申し込みをしましょう。

また、学生専門ローンの中にはポイント還元率のアップや最短で26歳まで継続するとゴールドカードへ自動ランクアップするなどのメリットもあります。