豪ドルmmfは利率が有利

単に、国内の銀行に円を預けっぱなしにしておくよりも、利率が有利な外貨MMFです。
利率は、その国の金利が高ければ、外貨MMFも高利回りが期待できます。
外貨MMFでは、利子ではなく、分配金と呼んでいます。
銀行の定期預金のように、利回りが最初から約束されているわけではなく、運用して得られた成果を投資家に分配するからです。
しかし、現状の超低金利の日本や先進国では、自国でただ預金するよりも、利率の良い新興国などに投資したくなります。
未来の投資成果は不透明ですし、為替変動リスクもありますが、それでも高金利は魅力です。
また、ファンドのなかでは安全性の高い投資先に投資するので、比較的安全だとされているのが、外貨MMFです。
とりあえずの預け先に困ったときには、リスクとリターンのバランスが良い外貨MMFのような商品を買っておくのは賢い選択と言えます。