住宅ローンの申し込みをするには?

住宅を購入する事を考えていらっしゃる方も多いと思います。
購入するには、まず住宅ローンを組まなくてはいけません。
銀行や信用金庫、ネットバンクでも住宅ローンをの申し込みが出来ます。
住宅ローンには金利・審査・諸費用が必須です。
審査にかかる時間は約1週間ほどです。
ローン金利は契約すべてが終了した月の金利が適用されます。
諸費用は人それぞれですが、少なくとも数百万単位かかると思っておいても良いでしょう。
住宅を欲しい!と思っても、実際に自分の物になるまでこれらの事をクリアして行かないといけません。
自分の家になるまでには3.
4カ月の時間がかかります。
住宅を購入する際は色々な費用・頭金が必要です。
頭金は一切かかりません!と言った広告も目にしますが、頭金無しでも確かに購入は可能でしょう。
ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が多くなります。
月々の返済を少しでも楽にしたければ、やはり最初に頭金を少しでも支払うと良いと思います。
頭金は物件購入金額の約20%だと言われてますが住宅には他にも様々な費用がかかりますので必ず20%と言う訳でなく、支払える範囲で検討すると良いと思います。
住宅ローンを組むには、まず銀行で審査が必要です。
住宅ローンは最長35年という長い月日の返済になりますので、審査は大変厳しく厳重に行われます。
審査の結果が解るのはだいたい1週間後です。
結果は電話か口頭で伝えられます。
審査に通らないと、残念ながらローンは組めません。
そして、審査が通れば本格的な契約に移ることができます。
契約時には指定された書類をすべて揃える他実印・諸費用も揃えておきましょう。
諸費用は借入する額によって人それぞれなので、銀行側から指示されます。
一般的には、数十万〜数百万単位の金額がかかると見ておくと良いでしょう。
住宅ローンの中には、フラット35という名前のローンがあります。
フラット35の様に、毎月の返済額が変わらないローンは安心ですよね。
世の経済状況に左右されることなく、一定の額の支払いで良い。
という点はフラット35に申し込みをすると、一般的なローン同様毎月同じ額の返済ができますので、今大変人気の住宅ローンです。
ですが、フラット35の審査は少し違う点もありまた、それに加えフラット35の審査特徴として他のローン審査と違う点は、住宅の価値を重視する。
という所です。
担保として十分かどうか、という点を重視する。
という事です。
フラット35の審査は通過するケースが多いと言われています。

ARUHIのフラット35の口コミはどう?