看護師業務は大変?今の職場に満足できないなら転職もあり?

一口に高血圧と言っても、最近は様々な呼び名の高血圧がありますよね。
(汗)今回、紹介するのは「白衣高血圧」と言う高血圧になります。
※その他の呼び方で「白衣症候群」があります。
※「ホワイトコート症候群」などと言うこともあります。
この高血圧は、非常に特殊な高血圧です。
※病院の医師の前でだけ血圧が高くなってしまう症状のこと言います。
それは、結局、緊張感からくるものだと言います。
ご自宅で血圧を測る時は、いつも正常値であります。
しかし、病院で測る時だけ高血圧になると言うのは、それ以外に考えられないと思います。
(汗)血圧といううのは自律神経系の作用で変化するものです。
ですから、自宅で測った時は正常値であっても、病院の診察室に入って、医師、看護師の目の前で血圧を測ることになった時に緊張してしまって、血圧が上昇してしまうと言うことが考えられます。
(汗)ここで問題なのは、普段からよく血圧を測る習慣のない人は、病院で測った血圧が本来の高血圧であるのか、白衣高血圧であるのかといった区別がつかないと言うことですね。
白衣高血圧であるにもかかわらず、本来の高血圧だと診断されてしまいます。
病院で高血圧だと言われた人は、自宅用の血圧測定器を購入して、しばらくの間、測ってみる事をお勧めします。
※もし自宅で測っても高い値なら、本来の高血圧だと言うことになります。
また、血圧は、1日の中でも変化します。
ですから、時間を決めて測定すると良いですね。
(笑顔)