カードローンは、手軽に利用できる?

カードローンは、手軽に利用できるといっても、ニートでも利用出来るというほどまでには甘くありません。
ニートは毎月決まった収入がないので、キャッシングを使うことができる基準に達していません。
収入がある人でなければならないので、ニートはカードローンで借金ができる対象にあてはまらないという話です。
カードローンの申込で意図的にウソを書けば、それだけで刑法上の罪(有印私文書偽造)になるんですよー。
ローン会社がそれに気づいても被害が未然に防げたので、いちいち警察に連絡しないかもしれません。
しかし被害が出たら、常識的に言って警察に通報するといったところでしょうか。
いずれにせよ虚偽でお金を借りることがまかり通るなんてまず、ないのではないでしょうか。
考えてもみてください。
嘘で融資を受けたとしても、判明すれば全額一括返済は確実で、借入停止でまともな会社はどこも利用できなくなってしまうというリスクは必至です。
正直に申告して借りられる額だけを借りたほうが現実的ではないでしょうか。
お金を借りる場合に比較をしてみることは必要なことであると言えますが、比べる条件としてもっとも大切なのはどのくらいの金利かということです。
金額がそう大きなものじゃなくって短期返済をするのなら金利以外の条件を優先しても良いですが、返済期間が長くなりそうだったり金額が大きいときには可能な限り低金利を選ぶべきです。

三菱東京UFJ銀行カードローン審査は収入証明が必要?【証明書発行!】